パタヤ・ビーチ(タイ)の明暗

パッタヤビーチ

バンコクから車で2時間のところにあるパタヤビーチ
20年前に開発されたタイの老舗リゾートビーチです。

3キロも続く海岸は、海水浴にこそ向きませんが、
日光浴、ウインド・サーフィン、パラセーリングなどのマリンスポーツには人気のスポット

乗っていた船の停泊港がバンコクから離れていたために、
ツアーにジョインしてその名高いパタヤビーチを見ようと思ってやってきましたが、
なんといっても暑い!
まず暑さに音を上げてしまいました。

ところが、この暑さの中で白人はビーチ・チェアにジッと横たわり
日光浴をしているのですからほんとに驚いてしまいます。
女性客はマニキュア、ペデキュアが大人気で、炎天下でやってもらっています。
私のテーブルメイトの、アメリカ女性達も、このネイルアートが何よりの楽しみのようでした。

日照時間が少ない欧州の気候・文化によるものとはいえ、
いまだに赤銅色に日焼けすることが
ステイタスとなっているのが不思議に思えます。

ちなみに世界中で日焼けを嫌うのは日本女性がナンバーワンで
海外で日除けの帽子やパラソルを差しているのは間違いなく日本人です。
白人からは、冷たいまなざしで見られます。

今回の船旅でも、シドニーで行動を共にした友人のドイツ人ヘルガは、私達日本人が日陰を選んで歩いたり、
サンバイザーをして太陽から逃れようとするのを訝しげに見つめていました。


物売りが多く出ていました。とうもろこし、ピーナッツ、ゆで卵、飲み物や
ビーチタオルなど現地の人が物憂げに、けだるそうに売りあるいていました。
水遊びをする子供だけが元気でした。

南米、東南アジアでは、物乞いの姿もたくさん見かけましたが、
ここパタヤビーチにも物乞いの老婆がいました。
身なりも小奇麗で、始めは何かのセールスかと思って見ていましたが
良く見ると物乞いでした。(白い帽子・青い上着・杖)
ほとんどの観光客が目の前に手を突き出されても、目線をそらしていましたが、
中にはお金を与えている人もいました。

デッキで横たわる人のほとんどは白人で、特に中高年の男性と若いタイ女性のカップルを多く見かけ
アジアではありふれた組み合わせなのかもしれませんが、やはり物悲しい気分になりました。

下町の市場風景


上はお菓子。ほとんどが、もち米に砂糖を入れて蒸したもの。
素朴な薄味で日本人には懐かしい味で、結構おいしい。
4番目は、カスタードプリン風。



こちらは魚介類、貝、スルメやノシイカなど、日本人にはお馴染みの物ばかりです。

魚介ですから、多少の臭いはありますがありますが、日本人には気にならない程度のもの。
ところが同行のアメリカ人は「臭~い!!この臭いを思うと当分魚は食べられな~い」と
顔をしかめていました。
東西の文化の違いなのでしょう。

あまりの湿度と暑さで市場に人も、物憂げでしたが、店内では吊るされたハンモックの中に3兄弟が座って
テレビを見ている姿が印象に残りました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2018/5/25