上野公園での野外講座に参加

今日は上野駅周辺の町歩きの野外講座に参加しました。

北の玄関口と呼ばれていた上野駅は、
ピーク時は年末年始の乗降客が200万人を超える時代もありましたが
近年は新宿の4分の1になり、秋葉原や高田馬場より減少してしまったとかで
隔世の感があります。
 
ともあれ我ら世代には感慨深い思い出がある上野駅周辺の散策は
懐かしさと相まって心も弾みます。

「あゝ上野駅」

まず始めは井沢八郎の大ヒット曲「あゝ上野駅」の碑。
上野駅広小路口前に建てられています。

当時の就職列車の蒸気機関車
集団就職で上京する少年少女たちの姿
金属板に描かれています。

ボクシングのファイティング原田が有志に呼びかけて
東北出身経営者の寄付で作られたそうですが
「くじけちゃいけない人生が~」という歌詞を口ずさむと高度成長期に
金の卵と呼ばれていた当時の貧しかった30年代の昔を
昨日のように思い起こします。

西郷隆盛の銅像(上野公園)

駅から上野公園に入ると、ご存知西郷隆盛の銅像です。
愛犬ツンと並ぶ姿は余りにも有名ですが、
この犬のことは意外と知れられていません。

ツンは西郷が惚れ込み土地の有力者から
馬1頭と引き換えに貰い受けたもので、
ツンと立った耳が薩摩犬の特徴です。

彰義隊の墓

この近くに「彰義隊の墓」があります。

上野戦争で新政府に敗れた彰義隊の遺体は山中に放置されていましたが、
三ノ輪の住職の手により荼毘に付されここに葬られました。
政府をはばかって彰義隊の文字はありませんが、
山岡鉄舟の筆により大きく「戦士の墓」と刻まれています。
国を憂う少年達の心意気を思うと切ないものがあります。

正岡子規記念球場

少し進むと正岡子規の句碑「春風や鞠を投げたき草の原」と正岡子規記念球場があります。

野球好きで知られた子規は、この辺りでよく
キャッチボールをしていたので名付けられました。
また打者、走者、直球などの野球用語も子規の翻訳による言葉で、
野球に貢献したことから野球殿堂入りもしています。

肺結核のため35歳の若さで逝った子規ですが、
こんなにも後世に名を残すとは予想だにしなかったことでしょう。
それにつけても昔の才能ある人が若かったことに驚きます。

句碑の右の写真に写っている男性が漫談家青空遊歩講師ですが、
わかりやすく楽しい解説で参加者19名の心を掴んでいました。

上野パゴタ  大仏

ここには江戸時代に高さ6メートルの釈迦如来像がありましたが

地震、倒壊、修復、火事による損傷などがあり
さらに関東大震災で頭部が落下。
ついにはに戦災でお顔だけになってしまいました。

いまでは「これ以上落ちようがない」からと受験の
合格祈願スポットになっています。

上野東照宮

寛永寺は天海上人が京都御所の鬼門・比叡山にならって建立されたものですが
比叡山に対して東の叡山ということで「東叡山・寛永寺」と名づけられました。
琵琶湖に見立てられたのが不忍池です。

それ以前は藤堂高虎らの
大名屋敷でしたので今でも上野動物園内に墓があります。
その高虎が家康を祀ったのが現在の東照宮ですが、上野戦争により焼失したので、
川越・喜多院の薬師堂を本堂に移して、新たに現在の東照宮が出来ました。

日光の東照宮の左甚五郎の「眠り猫」が有名ですが、
こちらには同じ作家の「昇り竜と降り竜」があります。(上の写真)

現在この東照宮は工事中ですが、
工事用のシートには本堂が描かれていて
近くまで行かない気づかないほどです。
こんな心遣いがほほえましく思えました。
(写真で青っぽく描かれているのがシートに描かれた絵の部分です)

旧寛永寺五重の塔

弁天堂

竹生島になぞらえたのが弁天島でもちろん弁才天を祀ってあります。
四季折々が楽しめる島で、包丁塚や歌碑など
その他モロモロがあります。


考える人(国立西洋美術館)

東京国立博物館

上野動物園

このほかにも上野公園には、博物、動物園、美術館、音楽堂の施設や
細菌学者野口英世博士や上野公園の提案者
ボードワン博士の像、
時計台など見所がたくさんあって
色々な遊びが楽しめる公園です。

弁天島で野外講座は解散となりましたが、
講師からお薦めの名物料理として
ハヤシライス発祥の「精養軒」、新鶯亭の名物「鶯だんご」と
鰻の老舗「伊豆栄」のお薦めがありました。

鰻の伊豆榮

私は帰路、伊豆榮で鰻重でランチ。とても美味くて幸せ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2018/4/26

上野公園での野外講座に参加” へのコメント

  1. 普段見ている記念碑でもこうして読んでいると成るほどと親しみを感じます。絵画展に行く事の多い上野なので次回はしっかり見てきたいと思います。

    1. 上野公園はゆっくり見ていくと時代小説好きの 佳世さんには、きっと新たな発見があると思いますよ。 今回の講座はアカデミックな 内容ではありませんでしたが それだけに素人受けするわかりやすく 親しみやすいもので気に入りました。 また、いつか機会があれば受けてみたいと 思っています。

この記事へのコメントはできません。