最後のアメリカ旅(2) ブルックリンの街ぐるみの電飾に感激

マンハッタン市内は予想外に、クリスマス・イルミネーションが少なくて
期待外れでしたので、バス・ツアーに申し込んで
ブルックリンまで出かけました。

ブルックリンはマンハッタンの対岸にあり昔は貧しい移民の街でしたが
近年は状況が変わり高級宅地街も出てきています。

とはいえ今でも夜の女性の一人歩きは危険で出来ません。
そこで今回はツアー参加となったのですが
行ってビックリ!物凄い観光客で溢れていました。

そこは小さな町なのですが、文字通り「街ぐるみ」で
クリスマス・イルミネーションを飾り付けているのです。
中には邸内にメリーゴーランドまでこしらえていて驚愕!

個々の家が趣向を凝らし膨大な予算を掛けての一大イベントです。
日頃は閑静な住宅街でしょうが、今のシーズンは見物客で大渋滞。
深夜までおびただしい車の列が続いていました。

お伽の国に迷い込んだような夢の世界!本当に行ってよかった!
大満足、!当たりのバスツアーでした。






 最終更新: 2017/9/29

最後のアメリカ旅(2) ブルックリンの街ぐるみの電飾に感激” へのコメント

  1. 綺麗ですね。目の前で見たら感動もひとしおでしょうね。先日USJで久しぶりにパレードを見ましたがちょっと規模が小さいのが残念でした。ブログ再開嬉しいです!

    1. 早速のコメント有難うございます。花火、お祭り、イルミネーションと華やかなものが好きです。

この記事へのコメントはできません。