日の出山荘の見学ツアーに参加して

今日は、日帰りツアーで東京西多摩にある日の出山荘」へ行ってきました。

昭和58年(1983年)時の総理大臣中曽根康弘氏が米国レーガン大統領夫妻を招いて
日米首脳会談が行われた歴史的な場所で、ここが「ロン・ヤスの関係の発祥の地」です。

嘉永3年(1850年)に建てられたこの山荘は、元は豪農だったそうで
ガッシリとした作りの茅葺屋根の家です。
25000平米の広大な敷地に建つ山荘は
私が予想していたよりも、ずっと立派で山深いところにありました。

私達は駐車場でバスを降りてから、更に山道を登っていきましたが
レーガン夫妻はヘリコプターで降り立ったそうです。
まだその場所も残されて記念碑がたっていました。
 
その後に、ゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領、全斗煥元大韓民国大統領、歴代の駐日アメリカ合衆国大使などが招かれています。
歴史の大きな舞台になったところを見るのは、とても興味深く、感慨を覚えました

この別荘は中曽根氏が平成18年に日の出町に寄付し、昨年から一般公開されています。

上の写真は、山荘前の道を散歩するロンとヤスの写真、下は現在の同じ道です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2018/5/11