カナダへの旅(22) 夕食後にオタワ市内へドライブ

夏のオタワの日没は遅いので、夕食後に訪ねてきたフーちゃんの
長女Eと市内のドライブに出かけました。

日没が遅いことと、勤務時間が定時に終わるので
市民はいったん帰宅して夕食後に
公園などで友人達とスポーツに興じたり
ジョギングしたり家族連れで遊んだりするのが日常。

国会議事堂・パーラメントビル


イギリスのビクトリア女王の命で作られたカナダ初の議事堂。
ゴシック様式・石造り。
中には89.5メートルの「ピースタワー平和の塔」展望台もあり
カナダの国家の象徴になっています。

ホテル・フェアモント・シャトー・ローリエ

1912年に建築された超豪華ホテル。
フランスの古城を思わせるホテルは
オタワのランドマークになっています。 

一度泊まってみたいな~!

モニュメントなど

その他にも市内には美しい建物や
モニュメントがありました。


ノートルダム聖堂

遠くに見えるのがノートルダム寺院です。

カナダ国立美術館

総ガラス張りで出来ているモダンな建築物で目を引きます。

オタワの夕陽

オタワ川からの夕陽

 
それにしても休日でもないのに、たくさんの人出に驚く私に
Eは「日本人って遅くまで働くのが好きなんですってね」と一言。
今でもやっぱり「エコノミックアニマル」と認識されていて
いささか複雑な思いにも。

Eは一流大学卒業後カナダ政府に勤務する聡明な女性。
拙い私の英語力を慮ってゆっくりクリアーに
話してくれるので大変に心地良く会話は楽しめました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2018/5/22