熱海の見番に満開のしだれ桜

早いものでいつの間にやら新年度、今日は4月1日に。
買い物のついでにブラリと市内散策をしてみました。

満開のしだれ桜

川岸にはしだれ桜が満開で
鮮やかな桃色の花が盛りと咲いています。

2番目の写真の建物は見番です。
廃りかけて?いるとはいえ熱海は歓楽地、
まだまだ芸者さんが活躍の場があり
この見番では毎週末には
芸者さんの踊りの会が催されています。

常盤木羊羹店

常盤木羊羹店ときわぎ 本煉羊羹

このお店は老舗の常盤木羊羹店。築100年を越すという
歴史的な建造物。風情がある建物なので
通る度に興味をそそられていました。
なぜか閉まっていることが多いのですが
今日は開いていたので、思い切って入ってみると
内部の細工も素晴らしい造りでした。

羊羹を1本求めてから、撮影の許可を得ると
内部は駄目!」とにべもない返事。
実に無愛想。「売ってやる」という態度です。
老舗の看板に胡坐をかいている?典型的なオヤジさんでした。
味が確かといわれる羊羹ですので期待して食してみると、
確かに上品な甘さで美味しいのですが、
今時この程度の和菓子は他にもいくらでもあるので
あの感じの悪さを我慢してまで、
買いに行く客は多くないことでしょう。
店内は品揃えも少なく、広い店内に扱っている羊羹は1種のみ。
他は空き箱だけが並んでガランとしている寂しさです。


ちょうど市会議員?選挙の真っ只中のようですが
いまひとつ盛り上がりにかけていました。


戦前通っていたという人が押して動かす電車のレリーフです。
6人の客に3人が押したそうで、この町で12年間も操業。
こういうものを考える発想が面白い!

熱海駅名物「漁師のまかない丼」


熱海の駅弁の人気NO1といわれるこの駅弁は毎朝3個しか
納入されないというレア物
漁師のまかない丼です。

なかなか入手のチャンスがないのですが、
今日は、たまたま駅を通りがかると
見かけたので買ってしまいました。
午後帰宅してからお昼に食べてみると確かに美味しい!
中味は味の干物、金目鯛干物を焼いてをほぐしたもの
季節の桜海老。見た目の彩りはパッとしませんが、
味は秀逸でした。
大当たりの駅弁でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/11/17

熱海の見番に満開のしだれ桜” へのコメント

  1. 駅弁は見た目がいまいちですがおかずが干物で覆われているのは珍しいですね。街中も意外と知らないお話ばかりでまた一つ”成る程”がふえました。電車のレリーフ発想がユニークです。

    1. 当地は歴史ある歓楽街なので街中に面白いものが色々あります。少しずつご紹介していきましょう。

この記事へのコメントはできません。