暗黒の中のラジオ


いよいよ計画停電が始まりました。
昼間はお茶が飲めないことが寂しいぐらいで
お天気も良いので、電気が使えない不便さはありませんが
夜はかなり辛い
暗黒の中ではラジオを聴くことしかすることがないのですから。
震災被災者の被害を思うと愚痴を
言ってはいけないのはわかっていますが
いつまでこんな生活が続くのかと思うと気が滅入ります。
計画停電と電車のダイヤの乱れで
ずっと外出も控えているのでイライラが高じて来ています。
TVを見ると恐怖の津波の映像が、
繰り返し繰り返し流され不気味。
私は最近は1日に一度しかニュース番組を
見ないようにして対処していますが
ナイーブな友人の中には津波の恐ろしさと
物の無い不便さからパニックになり
欝状態に陥っている人も数人出ています。
 
その1人は「お米がもう5合しか残っていない。どうしよう!」と電話で
不安を訴えて来たので家にあったお米を少々送ってあげると、
そんなにも嬉しいの?と
こちらが恐縮するぐらいに感謝していました。
たぶんお米がないということが本能的に怖かったのでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13