時の立つのを忘れる世界一の「沖縄美ら海水族館」

いよいよ北部観光のメインスポット「沖縄美ら海水族館」がある「海洋博記念公園」到着です。

この公園には、この水族館の他にイルカのショーが見られる「オキちゃん劇場」
蘭が見られる「熱帯ドリームセンター」、その他「郷土村」「プラネタルーム」「文化館」などと
いろいろ興味深いところがあるのですが、水族館があまりにも素晴らしいために
ここで時間を取られて、なかなかほかを回る余裕がありません。

沖縄観光人気ナンバーワンの水族館には、世界一の巨大サイズの
アクリル板で作った大水槽があります。
そのサイズは、高さ8・2メートル、幅22・5メートル、厚みはなんと60センチもあるのです。

その水槽の中を7メートルを越す巨大なジンベエザメや、大きなマンタをはじめ、
たくさんの黒潮の回遊魚が泳いでいるのが、直ぐ近くに見えるのですから感激です。

ジンベエザメは、あまりにも大きいために、従来は複数飼育は困難とされていましたが、
ここでは巨大な水槽を作ることに成功したために、可能になりました。
ジンベエザメの生態には、いまだ解明されて謎が多くあり、今後の飼育によって
解明されることに期待されています。

またマンタ(オニイトマキエイ)が悠々と泳ぐ姿はため息が出るほどに魅力的で、
群れで間近に見られるのは世界唯一ここだけとか。
時の立つのを忘れる魅力ある水族館です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/7/27

時の立つのを忘れる世界一の「沖縄美ら海水族館」” へのコメント

  1. さつき様 写真が拡大できるのはいいですね!いつもの事ながら視点が変化に富んでいて楽しいです。元気ならゆっくり行ってみたい。

    1. 佳世さま、しばらくですね。この水族館はお奨めです。機会を作って一度訪ねてみてください。

この記事へのコメントはできません。