蕎麦講座で千葉・稲毛の浅間神社へ

今日の蕎麦講座は稲毛界隈の散策。京成稲毛駅に集合して、始めに浅間神社に行きました。

浅間神社は770年富士山本宮浅間神社から観請。
文治3年に再建、富士山を模った盛り土の上に鎮座。
東京湾を隔てて富士山と向かい合って建てられています。
当初は東西400間(720メートル)の広大な敷地を誇っていましたが、
今でも神社の裏側には鬱蒼とした松林(市の名勝指定)が広がって
中でも天然記念物になっている「根上りの松」の古木は見事でした。

この神社は、子育て、安産の神として市民に信仰されています。
神社参拝の後に、神主さんから神社の歴史、背景、現在の状況などの
興味深いお話を伺いました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/4/21

蕎麦講座で千葉・稲毛の浅間神社へ” へのコメント

  1. 浅間神社もたびたび訪れるのでこうしてブログで写真をみると実に新鮮に見えます。神谷邸もきれいに撮れていますね。昔は近くに海があったそうですが現在はマンションが立ち並び昔日の面影や何処、、、、です。歴史的な建物は保存して欲しいですね。

    1. 無宗教の私でも神社に参拝すると なぜか厳かな気持ちになります。浅間神社のお祭りに一度出かけたいと思っていますが、いつでもいけると思うとなかなかチャンスがないものです。

この記事へのコメントはできません。