久しぶりの巣鴨お縁日参り

久しぶりに巣鴨のお地蔵様にお参りしました。

今日は、東京に数十年住んでいても行ったことがないという
友人Oさんを案内しての参拝です。

どうせなら巣鴨らしい雰囲気の日にと思い、
縁日(4の日)を選びました。

TVや雑誌でお馴染みの参道には屋台が並びますが、
雨上がりの夕方だったからでしょうか、
通常より人出が少なく拍子抜けの感もありました。

高岩寺(こうがんじ)の有名なとげ抜き地蔵には、お地蔵様を擦って
自分の棘を抜こうとする善男善女が列を作っていました。

並ぶのが嫌いな私達は、その代わりにお線香を買って
焚き上げて、その煙で病んでいるところを擦り、お願いをしたり
お賽銭を上げて安全祈願
ささやかな参拝儀式を済ませました。

その後は、沿道の商店や、屋台のシニア向け商品をひやかしながら散策。
試飲用の健康茶などを飲んで、珍しい巨峰の乾し葡萄や、
名物塩大福を買ったりしておばあちゃんの原宿を楽しみました。
しかし私が子供の頃は大きな老舗・呉服屋が、いまでは老人向けの
分厚い格安下着専門店に変身しているのを見ると、隔世の感

時代に沿って生き残るためには止むを得ない選択とはいえ
物悲しい思いが・・・。
祖母に連れられて七五三衣装を買いに来た半世紀前の光景がフラッシュバック

帰路・駅前の居酒屋で1杯。今日の参拝が終わりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/12/14