2010年、今年のカレンダー

今日は、近くのエスニック民芸店で小ぶりで素朴なデザインが気に入って
ネパール製のカレンダーを買いました。
カレンダーは新年を迎えると価値が下がるのでしょう、半額になっていました。
日本の祭日には赤い丸印が手で押してあります。
いかにもハンドメイド風なところが趣きがあります。

私は近年、カレンダーには写真や絵がない文字だけのものを好ん使っています。
今年のお気に入りは、文字だけが印刷された1枚物のシンプルな三菱UFJ銀行ものです。

まだほとんど予定を入れていないこれらの空白のカレンダーですが、
今年はどんなことで埋まっていくのでしょうか。

年末から今日まで9日間、ほとんど家にいたお正月でしたが
明日から始動します。

今日は、茜色の空の中浮かぶ富士山が燃えるようでした


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/6/2

2010年、今年のカレンダー” へのコメント

  1. 相変わらず写真が綺麗!ネパール製のカレンダーとてもいいですね。今迄カレンダーは戴く物で十分間に合っていましたが今年初めてかいました。字と絵柄、サイズをかんがえるとなかなか気にいった品がありません。まださがす余地はありそうですね。

    1. 富士山の雄姿は、飽きることはありませんね。毎朝バルコニーから眺めるのが楽しみですが、このところ黄砂の影響とかで空が黄色くかすんで写真を撮る気にならないのが残念です。カレンダーは、1年間飾るものなので、インテリア的に考えると大きな要素を占めるものですよね。そこで近年は、頂き物はお断りして、自分好みのものを使うようにしています。今年は、上記以外では、昨年アメリカで買ったアーミッシュのものを使っています。

この記事へのコメントはできません。