江戸散策 銀座界隈(6) 泰明小学校

泰明小学校は、明治11年に赤レンガで設立された129年の歴史を誇る少学校です。

大震災で焼失しましたが、鉄筋コンクリートで再建され現在に至っています。
この小学校はアーチ型の窓、曲線の壁面、玄関の門柱など
ユニークでお洒落なデザインの校舎で「東京都歴史的建造物」に指定。
現在の生徒数は360人です。


また、藤村藤村、北村透谷らの文人も多く学んでいます。
藤村は、長野県馬籠に生まれましたが、鎧屋町に嫁いでいた
姉の嫁ぎ先に預けられ泰明小学校に入学しています。

藤村は、明治5年生まれの詩人で瑞々しい叙情詩「若菜集」で名を高めましたが、
後に被差別部落を描いた小説「破壊」で小説家としての地位を固めました。

北村透谷は(明治元年生まれ)は、政治運動家でしたが、後に文筆活動に転じ、
文芸批評家・詩人として活躍し、藤村らと「文学界」を創刊して、
浪漫主義の創始者といわれています。27歳で自殺。

透谷(トウコク)の名前は数奇屋に由来しているものです。

★ 啄木も 藤村も 銀座の子 (信) 
★ 泰明に まだあったのか ランドセル (久)  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/22