能登半島(5) 鄙には稀なフランス料理に驚き

夕方にホテル戻り、指定されたレストランに向かいましたが
昨夜の夕食があまりにも酷かったので、一同何の期待もなくテーブルに着きますと、
何とビックリ! 雛には稀な・・・と驚くほど本格的なフランス料理のフルコースが出てきました。
従業員のサービスも完璧、ちゃんと冷えた生ビールも用意されていました。(昨夜はぬるい瓶ビールのみ)

同じホテルで雲泥の差です。
つまりホテル料理人のレベルが低いのではなく、客の予算に合わせて出しているということでしょう。

初日は安物。段々に良くしていくというパック旅行のテクニックは十分承知していましたが
これほど差があるのは珍しい体験。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/4/5