蕎麦講座で根津、千駄木界隈の路地を歩く

講師案内のもとに、根津・千駄木の路地から路地へとそぞろ歩きしました。

小さな老舗、名店がいくつかあり、女性陣は嬉々として買い物にいそしみました。
日頃講座での買い物を控えている私ですが、見ているうちについつい釣られて
買い過ぎ、家に帰って小さな後悔

根津神社

日本武尊が1900年前に創礼したといわれる古社で東京10社に数えられている神社です。

50種300株のつつじが咲き競う4月のつつじ祭りでは、ごった返す根津神社も、
今はむせ返るような緑のなかに佇んでいました。


下町の名店

細い路地の奥には、煎餅屋、たい焼き屋、金太郎飴屋、甘味屋、呉服屋、
豆腐屋,味噌屋、飲み屋など郷愁をそそるお店がありました。

立川談志の筆による看板、ロゴが並ぶ煎餅屋では、珍しい胡椒煎餅を購入。
味はピリッとして美味しかったものの。生地の品質がイマイチ。値段から見ると仕方ないかも。

行列が出来るたい焼き屋、試しに1つ買ってみましたが、私には甘すぎ。
皮がパリパリ薄いのが売りのようですが、私はふっくら厚みがあるほうが好きです。

この店が金太郎飴発祥の飴屋とは知りませんでした。
小さなお店では、未だに昔ながらの作り方で金太郎飴を作っていました。

甘味屋と、地元の絵葉書などを売るお店。

懐かしい染物屋。私が子供の頃はどこの町にでもあった染物屋ですが「洗い張り、染み抜きなど」の看板も懐かしい!

新しい店構えの豆腐屋ですが、昔ながらの手作り豆腐と共に、
斬新なアイデアの珍しいお豆腐も種々並んでいました。

老舗の佃煮屋、懐かしいアミを購入しましたが、しっかりした濃い味付け。
冷蔵庫が無い昔はこのような濃い味付けが普通だったんだなと改めて思い出しました。


味噌屋と居酒屋

路地の風情漂う下町風景

講座終了の後は、仲良しの2人と御茶ノ水駅近くの喫茶店でアイスコーヒー
退院したばかりの病み上がりのSさんは、2ヶ月間で10キロも痩せてしまって
洋服は無論のこと、靴も帽子もブカブカになってしまったそうです。
まだ足元はおぼつかないものの、ともあれ無事に退院できて一安心です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/4/3