最後のアメリカ旅(11) アラバマは12月も晩秋の趣き

アメリカ南部、モービル市郊外にある友人宅に
今日から7泊します。

見かけによらず繊細?なところのある私は
他所のお宅に泊まるのが苦手で、
義理?を欠いても友情を壊してでも?
どこへ行ってもホテル泊まりを強行しますが、

なかには「すべてあなたの自由にさせているじゃあない。
干渉もしないのに、いったい何が不満で泊まらないの?」
と激怒する熱い心の持ち主もいるのですが・・・・・。

ここロベルタの家は別格。
何日でもヌクヌクと滞在していられるのです。

もう12月だというのに、こちらではまだ晩秋の趣
広大な庭の木々からは風に吹かれて
おびただしい落ち葉が舞い散り
連日ハズバンドのジュリーが落ち葉をかき集めて
袋詰めする作業と格闘していました。


久しぶりに訪れても、以前と少しも変わらないのどかな風景です。
上の写真は、友人宅の庭。

下は2階のバルコニーから飼い主を心配そうに見守る愛犬
体は大きいのですがまだ幼く、
ハズバンドを心から愛していて片時も側を離れたくないのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/19