今月の読書会の課題本は加藤仁の「筆に限りなし」


今月の読書会の課題本は、加藤仁の「筆に限りなし」。
城山三郎についての歩みと評論です。

城山三郎のファンならば感動する内容でしょうが、
特に城山に感心のない私にとっては、あまり興味が持てない著作でした。
ただ加藤仁の筆力、緻密な取材力に感嘆!
他の作品も読んでみたいと思うほど惹かれました。

この読書会は女性ばかりの会ですが、読書家ばかりで
学ぶことが多いので、いつも勉強になります。
今日も城山三郎から話は広がり、他の作家の作品について語り合い
有意義な集いでした。

活動の後は、有志で近くの食堂でランチ。これもまた楽しみです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/10/17