48th ピースボート体験記 ~お土産自慢 中南米篇

ピースボートの船旅で買ってきた、お土産の品々の一部をご紹介します。

今回は中南米篇です。
他の地域はこちらからどうぞ

●パナマ(パナマ)

*白いドレスの人形

パナマ港に着いた私たちを出迎えて踊ってくれた
現地の民族舞踊「ティピス」のポシェーラの衣装が
あまりにも可愛いので、記念に人形を買いました。

高さ11センチの焼き物で出来ています。5ドル。

*鳥の置物

高さ2センチ足らずの小さな鳥の置物です。

一見象牙に見えるパームアイボリーという
貴重な植物から作られているということで
20ドルもしました。

南国の鳥が彫られ、鮮やかに彩色されています。

*果物売り 2個

南米の風物の果物売りで、
ボートとトラックがあります。

長さ5センチ。2個で2ドル。

*羽の絵 2枚

南米の白い鳥の羽に描かれた細密画です。

とても美しく細かい仕事に感心しました。

長さ10センチの小さい物ですが一枚10ドルもしました。

*モラのバッグ 2個

パナマのクナ族というインディアンの,手作りのバッグです。

上の布地を切り開き、下の布地を見せて上の布地をかがって模様を作る
アップリケとパッチワークを併せたような手の込んだモラ手芸です。

売店でデモンストレーションをしていましたが
気の遠くなるような細かい作業です。

カラフルで軽く、パナマ土産の定番となっています。

*モラの眼鏡ケース

友人のお土産用に購入しました。

ベルトが付いているのがお洒落です。

*ビーズネックレスとブレスレット

金と白、金と黒、黒と金の3種類を買いました。

カジュアルなパーティ用に最適と思って。

ゴージャスな割りに安価でした。3個で15ドル。

*赤いネックレス

赤い石で出来たネックレス。

深みのある赤が気に入りました。

*ドクロのネックレス

珍しいドクロのデザインです。

*ブレスレット

シルクで出来たブレスレット。

鮮やかさと軽さに惹かれて。

*ピルケース

木をくり貫いて作ってあるピルケースです。

表には綺麗な模様が描かれています。

*オカリナ

鮮やかな色使いデザインです。

吹くとインディオの哀愁が漂います。

*絵葉書

民族舞踊「ティピス」など。

●カヤオ(ペルー)

*白と黒のポンチョ

船があまりに寒いので防寒用の衣料を買い込みました

そのうちで一番愛用したのがこのポンチョです。

スッポリ被るだけで脱ぎ着も楽で
横浜帰港まで毎日着用しました。

買って良かった一番の品です。

*帽子と手袋とレッグウォーマー

ポンチョとお揃いで、買ったのですが
こちらは出番がなく、特に帽子は帰国しても
被る勇気がなくたぶん失敗でしょう。

*ストライプのマフラーと手袋

ビビットカラーが可愛くて買いました。

マフラーは、寒い日のデッキで活用。

*ピルケース

ハート型で皮製です。

友人にもお土産にあげたところ、
いかにも南米らしいと喜ばれました。
1ドル。

*ヴェスト

軽くて柔らかいアルパカ製のヴェストです。

胸の編み込み模様はペルー独特のお下げ髪の

女の子の後姿です。 10ドルでした。

*指輪 3個

3個とも銀の土台に14Kの飾りが付いている珍しいデザインです。

帰国してからも普段使いに毎日愛用している
お気に入りの指輪です。

特にイルカのデザインが斬新。

3個で90ドルでした。

*小箱

四角い木で作られた小箱です。

表にはインディオが丁寧に描かれています。
お土産用に。

*銀のブローチ

ナスカの地上絵ハチドリを模ったもので銀製です。

軽いのでセーターやTシャツ用に。5ドル。

*ブレスレット

何かの植物で編んだものです。

白とこげ茶のモノトーンの色彩がシンプル。

軽くて使い易いものです。

*白地のポシェット

インディオを編み込んだもので。
お土産用に。3ドル。

*犬の置物

とぼけた表情が愛犬を思い出して。
1ドルでした。

*人形のブローチ(3個)

1・5センチほどの豆粒サイズの人形がブローチになっています。

帽子に付けたり、バッグに付けたりと、
皆インディアを楽しんでいました。

5個で2ドル。

*絵葉書

インディオの人々

●マチュピュチュ(ペルー)

*布製の人形 2個

クスコ空港のバス乗り場に物売りに来た
おばさんから買ったものです。

一つは友人用に30センチ以上もある大きくて重い物で
もう一つは自分用の20センチの小型の物です。

どちらも、ペルーの民族衣装を着ている布製で、
とても丁寧に仕上げられて安い買い物でした。

*焼き物の人形

マチュピュチュ駅の土産物やで。

土を焼いた素朴な作りで味があります。

*帽子

クスコの空港で衝動買いの失敗です。

明るいペルーらしい色使いが目をひき被って見ると、同行者から 似合うとおだてられて、つい買ってしまいましたが
派手すぎてとても日本では被れません。

*ブルーのセーター

マチュピチュからクスコへの観光列車は
ピエロのパフォーマンスから、
ファッションショーまで賑やかです。

車内では、そのモデル着用のセーターなどを販売しています。

軽くて暖かいというアルパカ製ですが、お値段も安くはありません。

お土産屋より、デザインも洗練されていでクオリティも高いのですが、 果たして日本と比べてどうでしょうか?

迷いつつも群集心理で買ってしまいました。

胸と袖口には凝った飾りも付いています。85ドル。

*金のペンダント・チャーム

クスコのホテルの売店で購入した18Kのチャームです。

いかにも南米らしいデザインで、緑の石(ラピスラズリ)が気に入って。

高級ホテルなので信用は出来ても価格は高め。値切って75ドルでした。

*ペンダント

ヘッドが濃い緑色の石で出来ています。

マチュピュチュの土産物屋で、色違いで三本購入しました。

2本は友人にプレゼントしましたが、喜ばれました。

*ピアス

銀の土台にラピスラズリが付いているピアスです。

サンチャゴの宝石店で。

*酒ボトルケースとグラスのセット

ガラスを皮で包んであるものです。

酒瓶には携帯用のベルトが付いています。

ショットグラスも同様に皮で巻かれています。

飾り用かもしれませんが、このセットで
お酒を飲んでみたいと思わせるロマンがあります。

1セット15ドル。

*サンポ-ニャ

インディアの代表的な楽器です。

お土産屋のおばさんが上手に「コンドルは飛んでいく」を吹いていたので
つい買ってしまいましたが、自分ではうまく吹けませんでした。

でもあの哀愁を帯びたメロディとおばさんの華やかな民族衣装が
いまでも目に焼きついています。

*ラマの置物

クスコのあちこちでラマを見かけました。

とてもキュート。パッチリとした目つきがなんともいえません。

これは、ラマの毛皮で出来ています。

*ポーチとペンケース2個

南米らしいカラフルな色使いなので、お土産用に。

*CD 2枚

一枚はクスコのレストランで演奏していたミュージシャンから。

もう一枚はマチュピチュのバスの中に売りに来たのを買いましたが、
どちらも音質の良いフォークローレの音楽で良い買い物でした。

*コカ飴

高山病の辛さを柔らげるというコカ飴です。

特に美味しいくもなく、味も普通でした。

効果の程も定かではありません。

*絵葉書

写真に撮りにくいマチュピチュの風景を。

●モンテゴベイ(ジャマイカ・イギリス領)

*ラム酒

サトウキビから作られるラム酒はジャマイカ名産品です。

種類も豊富ですが、私が試飲して選んだのは
トロリと甘くて美味しいクリームラム酒。

観光先のプランテーション内の売店で20ドルだったのですが
同じ物が港の売店では半額でした。

*ペアの人形

高さ15センチの布の縫いぐるみ。

ジャマイカらしい三つ編みが可愛い。5ドルでした。

*ビーズのネックレスとアンクレット
黒と赤と黄色の3色のジャマイカ・カラー。
マーケットで2ドル。
*CD

もちろんレゲエの神様と云われるボブ・マリーのCD。

自分用とお土産用に2枚購入。

一枚20ドルと観光価格。

*コーヒー豆

名産といわれるブルーマウンテンコーヒー豆が
130グラム入りで5ドルでした。

麻袋のパッケージ入りの土産用とはいえあまりに高い。

ジャマイで産出されるコーヒーの95パーセントは日本への輸出用で、
国内での消費は観光客用のみということです。

帰国して飲んでみると、味も香りもなく焙煎技術の差を感じました。

*絵葉書

カリブ海の美しい色の絵葉書です

●キト(エクアドル)

*ネックレス・ピアス・ブレスレットのセット

ガラパゴスツアーに行った友人が立ち寄った赤道記念碑が建つ
エクアドルのキトで買って来てくれたプレゼントです。

素材は南米特産のパームの実から作られた高価なものですが、
色は本物の象牙そっくりで上品、仕上げも見事です。

帰国してからの夏の装いにピッタリでした。

●ガラパゴス

*絵葉書

上記の友人のガラパゴスみやげ。

珍しい動物の絵葉書です。


 最終更新: 2015/11/27