九州の旅(25) 壇一雄が愛した「花の楽園 能古島(福岡)」

今日は、作家壇一雄が愛した島で、かねてから行ってみたいと思っていた
能古島(のこのしま)」を友人と一緒に尋ねました。

能古の島は博多沖に浮かぶ周囲12キロの小島で、フェリーで10分の距離ですが、
船乗り場の姪浜までバスで40分かかるのが難で、今まで行く機会がありませんでした。

能古の島に上陸し、バスに乗って「のこのしまアイランドパーク」へ行くと、
幸運なことに、ちょうど春の花々の真っ盛りでした。

ピンク、ローズ、オレンジ、藤色、白、黄色と色とりどりの花の競演です。
燦燦とと降り注ぐ、春の柔らかな陽光の中、海風を受けて、
夢のようなパノラマが広がっていました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/3/10