台湾旅行(5) BEING Spaでの痛~いマッサージ

日頃からお洒落に熱心でない私は、エステや
癒しのためのリラクシング(ボディマッサージ)などとは
無縁の生活をしていますが
旅に出ると、なぜか興味が湧いてやってみたくなりました。

東南アジア各国では、こういう女性心理
利用してたくさんの店が目白押しです。
どこが良いかわからないので、J社のガイドブックに出ていた
お薦めのマッサージ店なら安心かと思い
昨夜予約して今朝出かけて受けてみました。

素敵なホテル

エステ店のロビー

マッサージルーム

ここは船をイメージしたお洒落なホテルの地下にありましたが、
見事に大失敗!痛くて!痛くて!
とても心地よいとはいいがたいマッサージで
大枚1万円の大きな出費。時間の浪費でした。

もう2度と旅先での思いつきマッサージは
受けないことを固く心に誓いました。

このマッサージはこぶし大の石を暖めて、
マッサージする方式でしたが
骨に当ると痛い!石を使って体中を擦るのです。

「痛い!もっと弱く!弱く!」と
何度叫んでも、台湾のお姉さんは、「アー」と言い
一時は手を緩めますが
また元のように力を入れてしまいました。

日本語可」と書いてあったものの
それはあくまでも受付の女性一人
後のスタッフは日本語どころは英語もママならず
痛い!という私の叫びも届きませんでした。
苦痛の60分!!
(上の写真の右の女性がやり手のたぶん日本人?)

施術後のお茶


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/16