カナダへの旅(11) ヴィクトリア市内を散策して下町情緒を味わう

ブッチャート・ガーデン見学後は、ヴィクトリア市内にある
インナーハーバーのショッピング・ストリートを散策しました。

雰囲気抜群のエンプレス・ホテル

1908年創業のクラッシックホテルでヴィクトリアの
ランドマークになっている老舗ホテル
エリザベス女王などロイヤルファミリーも楽しんだという
アフタヌーンティーは有名で、私も次回は是非トライして
優雅な雰囲気を味わってみたい。
今回は外観だけでしたが雰囲気があるホテルでした。

ヨットハーバー


セレブの象徴?でもある白いヨットが
たくさん係留されいてイ~イ感じ!

ダウンタウンのショッピングエリア


ダウンタウンには土産物屋が並びます。

入り口で目を引くのはキュートなディスプレイある蜂蜜屋
観光客が集まっていました。

また、人気を集めているのが英王室御用達の紅茶専門店「Murchie’s(マーチーズ)」
特にエリザベス女王在位50年の記念紅茶は売れていました。

カナダが国外進出初めての地であるというスターバックス
ここでも憩いの場で観光客が寛いでいました。

エンターテインメント



楽器のエンターテインメントはいまや珍しくも無いのですが
絵を歩道に描いて見せるというのは
初めてでチョッとビックリ!

リアルな彫像たち


どこの街にも像はありますが、ここの像は妙にリアルで印象的でした。右上の写真はここを発見?したジェームスクックキャプテンの像。

静かなお土産屋の出店



屋台の土産物屋が並んでいましたが、禁じられているのか
観光地に付き物の呼び込みも無く、並べて静かに客待ちをしているのが心地よく感じました。

おなじみのステップオン・ステッオフバスはここでも活躍。
次回はこれに乗ってゆっくり眺めていたいな~と痛感。
ヴァンクーヴァーから遠いので日帰りツアーに参加しての
ヴィクトリア見物でしたが
次回は泊まってゆっくりした~い!!

ヴァンクーバーへの帰路


心をヴィクトリアに残しながら再びフェリーに乗って
ヴァンクーバーへ向かいました。3時間近く掛かる長旅です。

ヴァンクーバーで名物のステーキ・ディナー


今日でカナダ3日目ですが、2日間のディナーは部屋食だったので
今夜こそちゃんとしたレストランでカナダ名物?ステーキに
しようと思ってチップを弾んでガイドに相談。
すると解散場所までの帰路、私1人のために大型バスを
レストランに付けてくれました。雨でしたので大助かり。
そこは旅行業者お薦めのレストランなので、
ハイランクのレストラン

雰囲気も上品で高級感に溢れているシックな店でしたが
お味は和牛にかなうべくもなく、まあソコソコ
カナダの高級ステーキはこんなものかというところでした。
ヒレ肉ですから柔らかいのは当然ですが、焦げすぎ

写真でステーキ肉の横にデーンと鎮座しているのがベイクドポテト
大きさに驚きますが、肉より美味しいジャガイモです。
でもカナダのビールはどこで飲んでも実に旨いのが幸せ。


 最終更新: 2017/12/21

カナダへの旅(11) ヴィクトリア市内を散策して下町情緒を味わう” へのコメント

  1. 私にはとても楽しい内容でした。私はツアーだったので見られない街の様子が違う角度で楽しめました。ああこんな様子だったのかと、いまさらながら時間に追われて過ごしたカナダの旅を懐かしくおもいだしています。

    1. 一度でも訪ねた土地は親近感が沸きますよね。特に良い思い出がある街は懐かしくそのときの自分にタイムスリップしますね。ヴィクトリアは美しくて好きな街ですのでまた訪れたいと考えていますが・・・。

この記事へのコメントはできません。