娼家跡の家並みが続く「鳩の街」

hatonomachi

鳩の街商店街を
1本裏に入ると
娼家跡の家並みが続きます。

赤やピンクや、ブルーの
明るいタイルが
入り口の飾りに貼られて、
2階には、娼婦たちが客を呼び込んだという
出窓のようなものが作られてます。

鳩の街の名前の由来は
「娼婦の客を呼び込む姿が、閉じ込めれた鳩の姿に似てい
たから」といわれていますが、50年前のまだ貧しかった
日本で、哀しくも切なく、健気に生きるお姐さんたちの
艶やかな姿が思い浮かびます。

写真は、娼家の入り口のタイル。
現在は塞いで、隣に入り口を作っていましたが、
どこの家もそこには植木鉢が並べられていました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/11/13