鬢付け香るお相撲さん Sumo Wrestler

「江戸東京博物館」に、友人Kさん、Tさんと北斎展を見に行きました。

2時に両国駅で待ち合わせると、先に国技館入り口に行き、
お相撲さんの入りを見ることにしました。
今日はかなり寒いのですが、既に大勢の相撲ファンが詰め掛けて
お目当ての力士の入場を待っていました。

私たちも人垣に入り、カメラを構えて待っていると、次々と力士がやってきました。
取り組み前のため、みな緊張の面持ちで厳しい表情です。

いつもはテレビで、回しの力士しか見ていないので、和服姿とが結びつきません。
相撲通のKさんが、名前を教えてくれても、いささか興奮状態なので、
なかなか名前が記憶できませんでした。

でも、どの力士もTVで見るより、ずっとずっと大きく、凛々しい和服姿は、カッコ良く素敵でした。
びんつけ油の何ともいえない香りにも惹かれました。

TV観戦も充分に楽しいのですが、ナマ相撲取りの姿を間近に見るのは、また格別。

写真は、栃煌山鶴竜、海鵬です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/20

鬢付け香るお相撲さん Sumo Wrestler” へのコメント

  1. お相撲さんの別の姿、よく撮れていますね。 力士も寒そうですね。

    1. Shinn-lilyさん、こんにちは。 相撲はお好きですか? TV観戦は、手軽で楽しめるのが何よりですね。 場所中の両国界隈は、和服姿の力士姿が見られて なかなか趣がありますよ。 夕方になると、勝った力士は意気揚々と 負けた力士は、ションボリと歩いています。 先日も、勝ったと思われる力士が ドトールに付き人と共に訪れたり、 TVによく映る名物の万歳オジサン(?)が 美しい女性と歩いているのを見かけたりして、 両国ならではの風物詩があります。

この記事へのコメントはできません。