三千院で涼を (京都の旅3)

昨日の暑さに恐れをなしたので、今日はバスで大原まで出かけました。
(昨日、市電バス・市バス2日間乗り放題のチケットを購入してあるので、買う手間も省けるし、遠出をしても安上がりです)

紅葉や、新緑のオン・シーズンだと、バス停を降りると長蛇の列の大原も
さすがに観光客も疎らです。

三千院までの道には、
いかにも京都らしい風情のお店が並びます。
 
漬物や、和風小物、着物柄洋服、レストラン、甘味処等々。
でも、どこものんびりして、何が何でも買わせようという
押し付けがましさがありません。
 
たぶん、オフ・シーズンには、商売も気合が入らないのでしょう。

三千院に入ると、木陰には涼風が流れます。
市内とは3度違うというだけあって、さすがに蒸し暑さはありません。

参拝客も少なく、京都の名刹をゆっくり味わうのは良いシーズンなのかもしれません。

寂光院は、またの機会にすることして、ゆっくり三千院の緑の木々
庭園に敷き詰められた見事な苔を楽しみました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/9/14

三千院で涼を (京都の旅3)” へのコメント

  1. 三千院は何故か一度しか行った事がないのですがみどりが綺麗ですね。夏の京都もひょっとして穴場?

    1. 若い頃から三千院は好きです。尤もも昔は、観光客も少なく、いかにも大原の里にひっそりと佇むお寺の風情がありましたが・・・。いまでは、すっかり変わってしまいました。

この記事へのコメントはできません。