カナダへの旅(5) グランビル・アイランドの新鮮なマーケットに

グランビルアイランド市場

海外、国内にかかわらず旅に出ると市場巡りをするのが
大いなる楽しみの一つです。

このグランヴィル・アイランドでも早速市場を覗くと、とても賑わっています

もちろん品揃えが豊富で、新鮮なことは間違いありません。
なかでも果物の美しさはピカイチ
さすが農業国カナダの真骨頂です。

苺、サクランボ、マンゴーなど幾つか買って
ホテルに持ち帰り味わってみましたが味も絶品

美しさだけでなく味にも技術革新の跡がうかがえ
カナダ人の豊かさを感じました。
アメリカの田舎などでは見た目綺麗でも、味がビックりするほど
お粗末だったという体験が何度もありますから。

味を追求するためには、その国の経済レベル、文化レベル、
更には人種的な味へのこだわりがもたらすようです。

そんな意味でも市場には、その国、その土地の人間の姿が
浮かび上がってきて興味が尽きません。

宝石のような果物

濃い色の野菜

新鮮な魚貝



 
水揚げされたばかりの新鮮な魚が、氷に漬けて並べられています。
日本でもお馴染みの魚ばかりでなく見たこともない魚貝もあります。

多種の肉類



なんといっても肉類の種類の多さには驚きです。
日本では、ロース、腿、3枚肉ぐらいしかないのですが
欧米では、子牛、Tボーン、テンダーロイン、サーロイン、
牛骨付き腿、骨無し腿、さらに七面鳥、羊、鴨など。

これはどんな味がするのだろう、
どういう料理に向いているのだろうと
眺めていても飽きません。

アジア野菜


移民都市バンクーバーは中国人だけでも3割もいるという
アジア人が多いこの国ではアジアの食材がズラリと並びます。

ワラビ、ゼンマイ、コゴミなどの山菜、
ゴーヤー、ヘチマ、ヤマイモ、さらには食用ほうずきまで売っていました。

果物たっぷりのスイーツ



欧米のスイーツのサイズは大きいのですが、ここで売られていたのは
その上にたっぷりの果物が載せられていました。

私の欧米のスイーツの中でお気に入りは、ピーカンナッツ・パイです。
チョッと値段は高めですが、リッチでとっても美味しいので
海外で見つけたらば必ず購入しています。日本では入手困難なので。

今回も当然買ってホテルで頂きましたが、
予想にたがわずおいしくてグーでした。

オリーブとチーズ


オリーブとチーズの専門店が何軒かありました。
おいしそうでしたが重いので眺めるだけでしたが・・・・。

エンターテインメント


市場の中には、イケメン男性や美女が楽器を奏でていて
華やかさを添えていました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/8/23