アメリカ旅(9) バレエ「眠れる森の美女」に魅了されて

午後からは、アメリカンバレエ・シアターでのマチネー公演、
クラッシック・バレエ「The Sleeping Beauty・眠れる森の美女」を見に行きました。

会場は伝統ある「メトロポリタン・オペラ・ハウス」です。

チケットは代理店を通すと15パーセントの手数料がかるので、
昨日会場の窓口まで出向いて既に購入してあります。

前回NYに来たときは、同バレエ団のモダンにアレンジされた新作を見ましたが
今回はオーソドックスなクラシックで、また別の味わいがありました。

バレエはやりませんがダンスは好きですのでダンサーの
鍛えられた踊りをじっくり堪能しました。

主役の3人と、その他大勢とは、まったく踊りが違います。
爪先で軽々と踊っている姿は見ほれてしまいます。
オペレグラスで覗くと、そのうちの1人は年配でしたが、素晴らしい踊りを見せていました。
若さだけでなく、激しい訓練に寄ってもたらせられた動きに魅了されました。

会場には、オペラハウスだけあり、着飾ったご夫人たちが詰め掛けていました。
ある意味のステータスな雰囲気があり、ダウンタウンを闊歩している
ニューヨーカーーとは一味違ったスノッブなものを感じました。

写真一番上はオペラハウス外観、下は会場です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/1/31