シドニー在住K子さんからの連絡

今日は、シドニーのK子さんからEメールがありました。

K子さんは、英国人と再婚してシドニーに住んで20年の日本人です。
K子さんとは、船内の洗濯室で知りあいました。

私が本を読んで待っていると、
日本語で話しかけられて初めて日本人とわかりました。
K子さんは、グリルの人(ファーストクラス)でしたが、少しもひけらかしたり、自慢することなく
淡々とお話をする上品な方です。

父上が大使だったそうで幼い頃からの家庭環境が国際的で、当然のごとく海外に興味を持ち
イギリス、オーストラリア、ヨーロッパなど世界各国で仕事をしてきましたが、
ご主人が高齢で体力が落ちてきたのでリタイア。
どこに住むか検討の結果、1番住みやすいシドニーを選んだそうです。

私から見たら大変なハイソサイアティで、今回のQM2でも上から2番目のランクの
スイートルームに宿泊。
ベッドルームの他に、書斎、リビングと3室もある広い部屋で、
私が支払った3ヶ月分と、K子さんの3週間分が同額というので驚いてしまいました。

そんなK子さんは日本人移民も多いシドニーでも日本人会にも所属していないので
日本人と話すことは、日本に来る以外ないそうです。
この船でも私以外の人とは「煩わしいから話をしない」とのこと。
そんなK子さんですが、私には懐かしさを感じたのでしょうか、
時々お話をする機会を持ちました。

そしてドバイの下船前には、不要だからとたくさんの日本語の本と、
日本食品と、ワインをプレゼントしていただきました。
なにより日本語の本は有難く、嬉しい贈り物でした。

海外で生活するK子さんを、憧れと畏敬の念で見ている私ですが、
K子さんは、90日間1人旅する私の勇気(?)に感嘆していました。

K子さんのメールの用件は、6月に来日するので会いたいとのことでした。
でもわずか3日の滞在ですので、一人暮らしの母上も待ちかねていらっしゃるので
うまく私の予定が合わせられるかどうか。

ご夫妻でゆったりと、のびやかにおシドニーで暮らしですが、今がもっとも美しい季節とのことです。
K子さんが「世界中で1番」というシドニーを私も又実感したくなりました。
来春招かれているので、訪ねてみようかと考えています。

下はK子さんから頂いた本の一部。他人が選んだ本というのは、大変興味深く
自分では絶対に購入しない種類の本もあり、どれも面白く愉しませていただきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/8/16