江戸散策 深川界隈(1) 炎天下の富岡八幡宮

本日の江戸歩き講座は深川界隈ですが、今日も暑い!!
炎天下の午後の街歩きは頭がボーッとなりながら、
ひたすら講師について歩きました。

2時間半の散策の後、帰りがけに寄った喫茶店の
涼しさに一同「極楽~!」
アイスクリームを舐めました。
もう慾も得もなく冷たいものに惹かれてしまいます。

富岡八幡宮


富岡八幡宮は江戸勧進相撲の発祥地
100年に亘って本場所が行われた神社ですので
相撲に関したいろいろの碑があります。

メインは「横綱力士碑」で、
高さ3・5メートル、幅3メートル、重さ20トンの
立派なもので歴代の横綱名前が刻まれています。

また緑の木々の下には「大関力士碑」、「超50連勝力士碑」などもあり
それぞれ名前が彫ってあります。



八幡宮から高橋まで炎天下を講師の講義を聴きながら歩きましたが
余の暑さにどこをどう歩いたか記憶も定かではありません。

大震災の爪跡が生々しく残って境内の石灯篭
ひっくり返ったままになっているのが痛々しい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/11/13