台湾旅行(2) 様変わりの台北空港

おいしい機内食

飛行機は、ユナイテッド航空提携会社の全日空でしたが
機内食が予想を超えて実に美味しい

日頃から機内食には期待しないのですが
今日はとても美味しいのにビックリ。

赤ワインも頂き、まずは幸先良い旅立ちとなりました。
やはりANAはJALより美味しいという噂は本当のようです。

様変わりの空港

台湾通貨との両替は、現地の方が安いことは知っていましたが
心配なので1万円が羽田空港ですると3000元だったものが
台北空港では3300元になり、かなりの差がありました。

空港に降り立つと20年前とは様変わり、
すっかり近代的な顔を見せていました。

スイートルーム



タクシーでホテルへ。

ネットで調べて描いていたイメージとは異なりましたが
まずまずの繁華街の中にあるまずまずのホテル。
1番安い部屋を予約してありましたが4泊もするので
用意されていた部屋はランクアップされてスイートルームでした。

TVも大型の薄型、キングサイズベッド、ゴージャスなカウチ、
大人2人がゆうに入れる大きな石作りのバスタブと
豪華な造りですが、悲しいかな窓は曇って薄汚れていました。

アジアのホテルは建物設備などのハードは立派でも
ソフト面でこのようなことがシバシバ見られ
やはり台湾もまだまだ発展途上にあるのだなと実感。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/16