やや期待はずれの沖縄音楽セレクション

沖縄に12年間住んでいたころは、沖縄音楽にも、沖縄ソバにも
特別の関心はありませんでしたが、離れてみると、妙に懐かしいのです。
昨今の沖縄ブームの影響もあるでしょうが、心惹かれます。

そこで「沖縄音楽セレクション」という市財団が企画したコンサートに行くことにしました。
場所は少し遠いのですが3回通しで2,400円という安さも気に入りました。

第1回の今日は「三線が語る島人の心」で、金城賢三の三線演奏がメインです。

一部は、氏の率いる三線教室の生徒の発表会のようなものでした。
みんな一生懸命にやってはいるものの音が外れたり、リズムが崩れたりと、
お友達や親戚でない限り、入場料を払って聴くのはチョッと辛い。

二部は、安里屋ユンタ、芭蕉布、ハイサイおじさんなどお馴染みの沖縄民謡でしたが、全体的に見て期待はずれの感。
やっぱり料金が安いものはそれなり?
残り2回のコンサートはどうしましょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/3/2