佐渡への旅(10) 快適な1等船室とミッチーとの出会い

最後の見学地は「長谷寺」でした。5月上旬に咲くボタンで知られているお寺ですが、
アジサイもなかなか見事でした。

両津港から、フェリーで新潟に向かいましたが、私たちが乗る2等船室は
常連のドライバーで一杯。旅慣れた彼らは私たちがモタモタ乗船する頃には
良い場所を占めてゴロリ、ゴロリと寝転がり休養体勢に入っていました。

その隙間に座ってみたものの、立ち込める汗臭い体臭が我慢できず、割増料金を払って
1等船室に変更。リラックスできる船旅になりました。1等はさすがに清潔でクーラーもよく効き、
2時間半で下船するのが心残りの快適さ。あぁ~お金は有り難い!

2等船室

1等船室

新潟港

駅弁
今回は1泊旅行なので、スケジュールがギッシリと詰め込まれ、東京着も深夜になります。
新潟駅で夕食用の駅弁を購入。今回も安くてシンプルな駅弁を選びましたが美味しくて大当たりでした。

下は添乗員のS子さん、健気に大人数をまとめて好感が持てるステキな女性でした。

旅の道づれ
旅の楽しみは色々ありますが、その中の一つに人との出会いがあります。
なかでも決まりきった日常では出会えない、私の身近にいない不思議な人、
ユニークな人との出会いは、いつも新鮮な驚きを覚えます。

今回は同年齢の女性との出会いです。
車内で隣席になるや否や「ヨロシク~!ミッチーと呼んで」と満面の笑顔で挨拶。
それからデジカメの写真を自慢そうに次々見せるのですが、どれも有名人ばかり。
にっこりと「私ミーハーなのよ」と、のたまい政治家、芸能人、スポーツ選手・・・・。
とにかく有名人が大好き人間でした。

選挙演説、豆まきなどには
欠かさず回って有名人を見ることを生きがいにしていました。
中でも自慢は管首相の自宅写真。住所を調べて探し探し、ようやく見つけたとのことです。
「自宅前にはポリスが3人もいたんよ」と嬉しそうに語ります。

週刊誌などの報道でそういう類の人がいることは知っていましたが、
私は「本当にいるんだ!」と感心。
あまりのことにビックリしていると、私も欲しいのだと誤解して管首相宅の写真のプレゼント。
また彼女はいまどき珍しい お土産フリークで、行く場所ごとに次々と
お土産を20人分ずつ買い込み
バス車内では足の置き場もなくなっていました。

一昔前の農協さんの団体を思い出すような買いっぷりです。
旅行費用よりおみやげの出費がかさむと嘆くので
「どうしてそんなに買うの?」と質問すると
「友達の顔を思い浮かべると、あの人もこの人も喜ばせたいと思うから」とのこと。
「本当に良い人なんだなぁ」とまたまた感心!

最近では旅行することが珍しくなくなり、お土産を買い込む人も少なくなっていますが、
いまでもこういう素朴な人が居ることに驚きを覚えました。
天真爛漫な笑顔の開けっぴろげなミッチーを見ていると、呆れながらも
ほのぼのとした暖かいものを感じました。

ただし請われても私の住所と電話番号は、勘弁していただきメアドだけにしてもらいました。
教えたら明日にでも訪ねて来そうな予感がしたので・・・・。(以来メールは頻繁に来ます)
おかしくて貴重な出会いと体験でした。下の写真が管首相宅だそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/9/6

佐渡への旅(10) 快適な1等船室とミッチーとの出会い” へのコメント

  1. この暑さで庭の花はほとんど枯れてしまったせいか長谷寺のアジサイとても新鮮でした。写真でも癒されます。また旅での出会い面白いですね。色々な人がいるのだといつも驚かされています。

    1. 佐渡島では、関東より開花時期が遅いようで紫陽花が華やかに咲き誇っていました。我が家の小さなプランターでは、ミニトマトと、茄子、小さな苺が健気にもまだ実をつけています。

この記事へのコメントはできません。