津軽三味線ライブに魅せられて

今日は熱海のイベントで津軽三味線ライブが
街のスナックで開かれたので聴きに行きました。

演者は津軽で修行した津軽三味線の師範
関東一円に教室を持って指導に当っていますが
一方、市会議員やここのスナックの経営にも当たっているやり手

普段は夜中からしか演奏はしないそうですが
今日は特別に2回公演。

狭いスナックでナマで聴く津軽三味線は
お腹に染入るように響き、その迫力に魅せられます。

聴いているうちに吹雪舞う陸奥で門付けをしている風景が
浮かんでくる狂おしいまでに激しい演奏でした。

庶民の源泉「河原湯」

ライブ前に近くをブラブラと散策
昔の賑わいには遠くなってしまった熱海ですが、
古くからの歴史ある温泉地なので
ところどころに名残を留めています。

江戸時代は庶民は大湯には入れてもらえずに
農民や漁師、近郷の人々この「河原湯」を使いましたが
海辺に近いので塩分が濃くて
リューマチや神経痛に効能があったそうです。

ここは路上ですが、いまでもコンコンと源泉が湧き出ていて
いかにも温泉町らしい情緒を醸し出しています。

蕎麦屋で夕食

夕食はライブ前に近くのお蕎麦屋さんですましましたが
お蕎麦も天麩羅も美味しくて大当たり。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/26