狂牛病をまったく恐れないアメリカ人

牛丼をはじめアメリカ牛の輸入再開を望む声は多いのですが、それにしても狂牛病は怖い、
というのが大方の日本人の考え方でしょう。
しかし、日本人の何倍も食べているアメリカ人は
まったく気にしていません。

「鶏肉はインフルエンザ、魚は水銀と何かしらの問題があるのだから、
牛肉だけにこだわる必要はない。しかもアメリカ牛を食べて病気になったアメリカ人はいない」
というのが基本的な考え方です
だから大量に食べているアメリカ人が大丈夫なのに、
なぜ日本人が輸入禁止にするか理解できないと考えています。

私も今回1度だけ小さなステーキを食べました。このレストランはステーキの大衆的なチェーン店です。

下の写真は、ランチスペシャルのメニュー。120グラム位のステーキと小エビの素揚げのメイン料理に、
ブロッコリーと人参の付け合せ、マッシュポテト、ガーリックトーストのプレイト。
平均的なレストランのランチメニューで1200円ぐらいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/10/26