落語の魅力に触れて

最近は体調不良から外出を控えています。
在宅も慣れてくると、それなりに充実した静かな時間を過ごしていますが
時には外の空気も吸いたくなります。

そこで今日は落語を聴きに有楽町まで出かけました。
30回目を迎えた東西落語研鑽会です。

取りは、関西の大御所・笑福亭鶴瓶
私は鶴瓶が、今のように一世を風靡する以前からの根っからのファンです。

そこで今日も彼が古典落語が、上手くないのは承知の上で、鶴瓶を応援する意味と、
上達ぶりを聴きたいと思って出かけました。
絶頂の人気を物語る万雷の拍手の中に取りをとった鶴瓶ですが
今回も残念ながら、私の予想を超える出来栄えではありませんでした。

話術もさることながら、声量、活舌に問題があるように思います。
やはり彼の魅力は、軽妙な語り口、頭の回転の速さによる当意即妙なトーク、
そして何よりも、暖かい人間性と優しい笑顔なのかもしれません。
彼の笑顔を見ていると、それだけでこちらも幸せ気分になれるのです。

私が大好きな鶴瓶チャン・ファンであり続けることは、今後も変わらないでしょうが、
彼の古典は、しばらく時間を置いて、数年後に、また聴いてみたいと思います。
彼の成長を祈りつつ・・・。

今回の、もう一人の目玉が、月亭可朝です。
ストーカー事件を起こし謹慎が開けたばかりなのに、もう東京の大舞台に
出るというのですから驚きました。

元々決まっていたスケジュールなのか、あるいは話題作りの客寄せなのか
わかりませんが。

可朝は、枕にストーカー事件に触れたものの、内容的には、
報道されていること以外は何も語らず
肩透かしの感がありました。

それでは、レベルが高い落語かといえば、無難にこなしているものの、
破天荒な生き方を肯定するような天才的な片鱗は見られませんでした。

可朝と、鶴瓶に、いささか期待はずれの落語会でしたが、
初めて聴いた「林家たい平」の落語が気に入りました。
オペラ・グラスの持参を忘れたので、たい平の顔の表情は見えませんでしたが
楽しくて惹きこまれる力を感じました。

この東京の大劇場にいながらにして、人情の古典の世界に誘ってくれる落語は
TVではわからない大きな魅力があります。

落語も、音楽も、やっぱりナマでなければ、本来の良さに触れることはできませんね。
わざわざ出かけて行った価値のある落語会でした。


 最終更新: 2017/3/28