沖縄からタンカンの贈り物

タンカン

沖縄の友人Tさんから、タンカンが送られてきました。

タンカンは、中国原産の密柑とインドから来たポンカンの自然交配で生まれた蜜柑の一種です。
台湾を経て50年前ぐらいに沖縄に入ってきたもので、
当初行商人が桶に入れて売り歩いたところから「短桶(たんかん)」と呼ばれたそうです。

見かけは皮が固く無骨ですが、袋も柔らかくそのまま食べられます。
ジューシーで程よい甘さと酸味が調和した味はおいしくて後を引きます。

収穫期間が1ヶ月と短いために、ブームになったシークワーサー程には県外に知られていませんが、
沖縄ならではの健康果物です。

お値段も少々お高めですが、そのぶんビタミンCも温州蜜柑の2倍入っているとか…。
沖縄の春の味覚です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/10/26