蔵王への旅を終えて

樹氷見物の後は、ランチの後に、バスで福島駅まで行き、
16時38分発の新幹線帰路東京駅に向かいました。

昨日は、観光バスがエンジン不調で、乗り換えるというトラブルもあり、
一昨日のK社の運転手居眠り事故も頭を過ぎり、心配もしましたが
無事予定を終了ほっとしました。

友人M夫妻とは、初めてご一緒の旅行でした。
親しい友人同士でも、2日間も一緒にいると欠点が鼻に付くものですが、
M夫妻とは、予想以上に楽しい旅ができました。
特に、ご主人が旅の道連れには、もってこいの人柄だということを発見しました。
何事も良いように捉え、満足して楽しむことが出来る人でした。
ツアーなので、思うに任せないこともあるのですが、
少しも不満を言わずに、明るく考えられる思考回路を持っているのです。
その懐の深さには頭が下がる思いがしました。

とても寒かったけれど、満足のいくツアーでした。
東京駅着は、18時55分。早めの帰宅ができました。

写真は、雪景色と、樹氷高原山頂で佇むM夫人。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/9/29

蔵王への旅を終えて” へのコメント

  1. さつき様 樹氷、雪上車、冬山。パンフレットでは旅情をそそりますが結構厳しいですね。昔、秋に蔵王でドライブ中突然の雪に見舞われこわごわ運転した記憶がありますが残念ながら今では景色は全く思い出せません。でも冬景色は一度は見てみたい!それに私も温泉とお酒が魅力です。

    1. 佳世さん、ありがとう。私はせっかちな性格なので、のんびり温泉に浸かるのは苦手です。もっと歳を重ねたらば、楽しくなるのかもしれませんが、目下のところは、その時間を読書や散策に当てたい。雪はTVで眺めるもの、実際に触れるとやっぱり寒くて厳しいものでした。

この記事へのコメントはできません。