英会話と友人とのサパー


今朝も、英会話のレッスンです。
講師から「あなたの英語は、意味がわかるけれど、ナチュラルではない。
ネイティブは、そう云わない」といつもの注意を受けました。
つまり私たちが、外人が喋る日本語を聞いていて感じる違和感、
「変な日本語]と同じなのでしょう。
注意される意味は、よく理解できるものの、いったん脳に刻み込まれた記憶は拭いきれず
なかなか新しい言い回しが覚えられません。
ため息が出ます。今日もたっぷりの宿題を抱えて帰宅しました。
帰路は、駅のフードコートで讃岐うどんのランチです。
安価の割りに清潔でおいしい。英会話帰りのひそやかな楽しみです。
午後は友人から電話があり、久しぶりに早めの夕食をご一緒しました。
もう十数年に及ぶお付き合いですが、お互いに1線を踏み込まず
つかず離れずの良い関係が続いています。
いつもはランチが多いのですが、たまに夕食を共にすると、明るい昼間とは違った
いささか重い話題もでて、日ごろは見せない内面も覗けて
いっそう距離が縮まったような気がして、良い夜でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13