「ピースボート航海記」ようやく完成!! Publication

ピースボートに乗って、地球をグルリと一周してから、ちょうど3年目を迎えました。

帰国直後に小冊子を出したのですが、時間的制限があり
思うように出来上がらなかったので
もう一度気に入ったように作り直そうと決意して、いろいろな方法を模索しました。

一番簡単な方法は、プロの出版社に依頼することですが
数社の見積は100冊で100万円強というのが相場でした。
つまり1冊当たりのコストが1万円も掛るのです。
趣味の旅行記作成は、いわば道楽、それに100万円の大金を叩く勇気がありませんでした。
旅仲間も「100万円あれば、また海外旅行にいけるのだからもったいない」との意見です。

その他の道としては、思い切って200万円を投じて書店で販売してもらう方法や、
あるいは表紙の印刷や、製本だけを依頼する方法など(60万円)など多々ありました。

考え結果、編集・製版・印刷・製本の全てを独力で作成しようと決意して、取り掛かかりました。
ようやく昨夏一度は完成したのですが製本ミスがあり、全てを破棄して、
また一から作り直しすることになりました。

墨(黒)の部分は、ボランティア・センターに通って印刷。
カラーページ部分は自宅のプリンターで印刷しましたが、
カラーインクの高価さに悲鳴!予想を上回る出費になりました。
ワンセット7000円のインクカートリッジが直ぐ無くなってしまいます。

また製本と表紙作成が最も困難で、とうとう製本機まで購入する羽目になりました。
ネットで調べて購入したのですが、これがまた予想以上に難解でてこずりました。

試行錯誤の連続で、何度も投げ出したくなりましたが
たくさんの時間とほどほどのお金を掛けて
やっと「ピースボート航海記」が今夜完成して、幸せ気分です。

ただし出来上がってみると、気になるところが多く見つかり、
満足がいくものではありませんが、精も根も尽き果てた今、
まあこれで良しとすることにしました。
完成した本の一部を同人誌「旅游」事務局に送付して、販売を依頼しました。

ピースボートで地球一周・オバサンが体験した105日間体験記」
B5版。全162ページ、定価700円
です。
価格は実費ということですが、現実にはカラーページ代金分が持ち出し。

でも今は大きな借金を返したような安堵感に包まれています。今夜はゆっくり眠りたい!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/9/29

「ピースボート航海記」ようやく完成!! Publication” へのコメント

  1. さつき様 完成おめでとうございます!105日の船旅は私の想像外なのでとても興味があります。じっくりと読ませていただく事にします。でも自分の体験を本で残せるという事はすばらしいですね!

    1. 佳世さん、ありがとう! 時間が掛った割には、出来栄えが悪いのですが、やり終えて、大仕事をなしえたような達成感があります。趣味とはいえ、それを形にするのは大変です。いえ、仕事ではなく趣味だからこそ、集中力と根気が要るのかもしれませんね。

この記事へのコメントはできません。