盛大に敬老会




ここはシニアの館ですので敬老会は盛大に催され。
毎年喜寿、米寿の方々がお祝いされます。
チョッとした記念品やプレゼントもあるので、該当者は大はしゃぎ。
最高齢者は102歳で、矍鑠とした90歳代は何人もいます。
シャバより過ごし良いのか、それとも適度の緊張感のある生活や
適度の煩わしさが刺激になっているのか
とにかく高齢の方々が普通に生活していらっしゃいます。
元気な方々は、自らを厳しく律して
健康的な生活をしている方が多いので
気の向くままに自由に生きている私は
「とてもこうはなれない」といつも自戒の日々。
ここにいると、歳を重ねるということは、どういうことなのか
高齢になると、どのように体は傷んで老いていくのかを
つぶさに観察が出来自らの晩年を重ねてしまいます。
ただし老いと向き合うことは勉強にはなっても
反面とても寂しいことではありますが・・・・・。
敬老会の後は、メンバーに誘われて近くのスナックまで
歩いて遊びに出かけました。
映画のシーン出てくるような定番?の
温泉町外れの流行らない小さなスナック
もちろん流れる曲は懐かしい昭和メロディーです。
夜道には白い天使のトランペットとまだ咲き続けている
朱色のカンナが咲いていました。
夜道の花

スナック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13