熱々の鍋焼きうどん Noodle

今日は、いつもの「千葉市民大学の講座」と「ダンスレッスン」の後、
新NOVAのインタビューの予約があり忙しい1日です。
冷たい小雨が降り寒いので夕方、
お蕎麦やさんに入り、熱い「鍋焼きうどん」を注文しました。
フツフツト沸騰して、暖かい湯気が上がっています。
冬の風物詩でしょうか。自分が日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。
千葉駅前には、毎晩路上ライブをする若者の姿があります。
今夜も二人の青年が熱唱していました。
今風の歌い方ですが、二人の声の良さに惹かれてしばらく立ち止まって
聴き入ってしまいました。
約束の時間が来たので、密かに成功を祈りつつ、立ち去りました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13