北海道の旅(6) 煌く魚たち

昼食後は館内展示場に戻って水槽の魚の鑑賞をしましたが
華やかに煌く回遊魚やくらげ、明るい熱帯魚、
不気味な深海魚や大型魚、
ひっそりと泳ぐ淡水魚と、たくさんの種類があって
見飽きることがありません。
外が酷暑さだから一層優雅に見えるのかもしれませんが
夏の午後のお薦めの過ごし方です。
神秘的なクラゲ
アカクラゲ

ブルーカラー・ジェリーフィッシュ

ミズクラゲ

さんご礁の海老とクマノミ



煌く回遊魚

幻のイトウ 

ひっそりとヤマメ

グロテスクなオオカミウオ

毛深い毛がに

アブラガ二

華やかなシャークエイ

初めて見たハッカク

下から見たイルカ

可愛いハリセンボン

復活のウミがメ
このカメは太郎君は、傷ついて発見されたところを水族館で救助治療。
右腕は失ったものの元気に泳いで話題に。

不気味なチョーザメ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/5/27