横浜港で「飛鳥」に


日本一の豪華客船「飛鳥」の見学会に行きました。
横浜港に停泊中で動かないのですが、内部の見学と昼食会です。
予てから興味はありましたが、費用が高額なのでなかなか踏ん切りがつきませんでしたが、
今回は旅行社からの御招待なので、楽しみに多忙の中を出かけて行きました。
さすが日本が誇る客船だけあり内部のしつらえも日本人好みに細やかに仕上げてあります。
私が昨年乗船したクイーン・メリー号に比べるとかなり小さいのですが、
見学者は[飛鳥」の大きさに感嘆していましたので
「日本丸」や「パシフィック・ビーナス号」に比べると大分大きいようです。
 
クルージング愛好者からは「「飛鳥」は大きすぎて嫌」という意見も多々聞かれますので
大きいことは良いことばかりではないのでしょうが、
大きいほど揺れにくい」という最大のメリットはあるのです。
 
食事はさすが日本船ですから日本人好みの繊細な味つけで、
外国船とは比べようもない美味しさです
 
客室、デッキ、ボールルーム、バー、図書室、シアターなどは、
特に変わったところはありませんが
何といっても大浴場があるのが日本船の売り。
外国船との最大の違いです。
私には当面クルージングの計画はありませんが、見学してみると乗ってみたくなります。
やはり船旅の魅力は格別のものが。

図書室とシアター



バー




プール



ラウンジとアスレチック・ルーム


キャビン

クリスマス・イルミネーション




人気の大浴場



豪華ランチ


ダイニング・ルームでの贅を凝らしたランチ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/6/7