検診に少々の安堵


今日は精密検査の最終判断日。
受診するためには3ヶ月も前からの予約を要するという名医です。
胸が締め付けられる思いで待ったこの日ですが、
結果は「最悪のケースは免れそう」というもので
まずは安堵というところです。
でも運命には逆らえず、病と共に生きて行く今後を思うと
暗澹たる気持にもなりますが「人生なるようにしかならない」という
開き直りも必要でしょう。
まずは元気を出して病院の帰路はダンスのレッスン。
大好きなお鮨で1人で祝杯!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13