桂文珍の独演会に

関西の落語界の大御所、桂文珍の独演会に行ってきました。

いま文珍は、芸能生活40周年を記念して全国47都道府県を行脚して、
独演会をすることに挑戦しています。
これだけでも凄いことなのに、さらに東京・大阪では「10日連続独演会」もやっているのですから、
そのチャレンジ精神とエネルギーに感心です。

一方、関西大学文学部では講師も勤めるなど、文化人としての幅広い活躍もしています。
数年前に、そんな文珍を聴きに行った友人から「あんな面白い落語家はない」聞いていましたので
かねがね、いつか聴いてみたいと思っていました。

そこで今回機会があったので行ってきましたが、期待が大きかったからでしょうが
私には、さほどの感動はありませんでした。

枕に時事ネタを入れるのが上手いとのことでしたが
私の好みとは少し違っていました
古典は、確かに素晴らしいものでしたが。
それでも談志などは、もう聴く機会もないのですから
関西の名人文珍もチャンスがあるときに聴いておいて良かったと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2016/9/13

桂文珍の独演会に” へのコメント

  1. 最近興味や好みが随分かわりました。年齢なのか環境なのか?それでも何故か知りたい事がふえました。

    1. 知りたいことが多いのは、佳世さんがお若い証拠でしょう。好奇心は、いつまでも失いたくないものですね

この記事へのコメントはできません。