みちのく旅(1) 旧友と再会


青森へ3泊4日の旅に出ました。

今回の目的は2つ。
1つは世界一周クルーズ船で知り合った友人達との再会
そして太宰治の育った金木を訪ねることです。

空港には友人2人が揃って出迎えてくれました。
2年ぶりの懐かし嬉しの再会です。

3ヶ月間一緒にクルーズ体験すると
体裁を繕ってもいられず、お互い地が出るもの。
そのため、ある意味で心底わかりあった仲間なので
2年の歳月を感じさせない親しみを感じました。

まず始めにEさんの姉君宅に寄って
見事に生った野菜畑を見せてもらいました。
農家ではなく家庭菜園ということでしたが、
都会人間から見ると立派な野菜たち
キュウリのイボイボは尖って指に刺さります。
まだ青いトマトもズッシリ身が詰まっていそう。
珍しいブルーベリーもありました。
初対面のご家族でしたが優しくて大らかで好感度大!
もぎたてキュウリを2本頂きホテルで食べましたが
瑞々しくてスーパーとは大違いでした。

ねぶた準備
青森がねぶたの町であることは充分承知していましたが
通年町を上げて取り組んでいるとは驚きでした
海辺には、ねぶた制作のためのテントがずらりと並び
それぞれ制作に余念がありません。
ねぶた作りを本職としている芸術家?職人サン達もいると聞いて
ますます驚きました。
仕事の片手間の趣味としてやっているのだと思っていましたので。
旅好きの私は、全国でたくさんお祭りを見てきました。
それぞれに趣きはあるものの、ナンバーワンを上げるとすると
やはり青森のねぶた祭りの右に出るものはありません。
やはりあれだけの豪快で迫力ある
祭りに仕立てるのはそれなりの努力と資金が要るのでしょう。
初めて知って是非もう一度見てみたいと強く思いました。

青森のシンボル
友人の案内で市内をブラブラ歩いて見物。
海辺のの青い森公園には青森市のランドマーク
三角のビル「アムスパ」、岸壁には懐かしい青函連絡船の
八甲田丸」が係留され雰囲気を盛り上げていました。

野菜畑

友人作のレザークラフト
Eさんのマンションに招かれて休憩。
共通の友人カナダのフーちゃんについてのお土産話で
暫し盛り上がり楽しい時間を過ごしました。
Eさんは靴作りのために上京し、東京の学校で学んだほど
本格的なレザークラフトを趣味としています。
靴もバッグも何でも手作り。
デザインも素敵ですが色使いがあか抜けていて斬新。
素敵な作品を見せてもらいました。

夜は更けて
夜は3人で居酒屋に繰り出しましたが、
話が面白すぎて写真撮影すら忘れてしまったので
この1枚しかありません。
深夜ホテルに帰りましたが、
このホテルがまたイ~イ感じで満足!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/11/9

みちのく旅(1) 旧友と再会” へのコメント

  1. 今時畑からもぎたての野菜をたべられるなんて羨ましいです!取立ては本当においしいですね。寒い地方の独特の食べ物、特に漬物、家庭料理なども食べてみたいものです。

    1. お宅は野菜作りはなさらないのですか? 我が家のプランターでは大葉と三つ葉、ワケギをチョコット植えて頂いています。結構気に入ってます。

この記事へのコメントはできません。