みちのく旅(10) 新鮮市場で感激

ピカピカの魚達!



五所川原から車で1時間のドライブで青森市内に戻って
古川市場に行きました。
ここはマスコミで度々取り上げられている青森名所で
旬の食材の宝庫です。
このなかの3つの市場には、あらゆる食品が豊富に並べられています。
なかでも「青森魚采センター」には、
ピチピチ採れ立ての新鮮な魚、貝などがズラリと並んでいます。
友人のEさんは、毎日ここに来てじっくり物色を楽しんでから
仕入れをしているといいます。
食いしん坊の私は、それを聞いただけで
ここに移住したくなりました。
「安くて、うまいよ!毎日これが食べられんだよ。越しておいで!」
の一言に「ウ~ン!」と考え込んでしまいました。誘惑に駈られるます。
マスコミで見たり聴いたりしたよりも、ずっと魅力的な市場でした。
今日のランチは名物「のっけ丼」。
まず丼にご飯を買って、それから市場を周って
好きな具を載せていきます。
取り合わせの良い漬物類もあります。
私は大いに迷いながら、大間のマグロを2切れと
帆立貝、シャコを載せ、
別に烏賊刺しと漬物もかいました。
もっと色々食べたかったのですがこれが限界です。
是非是非また尋ねたい市場です。
ランチの後、空港まで車で送っていただき、コーヒーブレイク
友人達とは2年ぶりの再会でしたが、
密度の濃い付き合いでしたので
話しているうちに昨日まで一緒だったような
気分になったほど心地よい再会でした。
それぞれに予定もあったでしょうに
私のために3日間付き合っていただき
思いがけないもてなしに感謝、感謝です。
今回は憧れていた津軽半島・龍飛崎と
太宰のふるさと金木を尋ねて念願を果たせたのに
加えて、思いがけない五所川原ねぷたに感動したり、
青森の新鮮な魚貝を堪能したり
また友人達の熱い津軽魂に触れられたりと
大成功の旅でした。

あらゆる食品が

名物「のっけ丼」

空港でお別れ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/26