江戸散策 銀座界隈(5) 数寄屋橋

昭和20年代に「銭湯が空になる」ほどの人気を集めた
ラジオドラマ「君の名は」の舞台となった「数寄屋橋」の面影はどこにもありせん。
作者菊池一夫の「数寄屋橋 此処にありき」という「数寄屋橋碑」
碑だけが木立の影にひっそりと建っています。
数寄屋橋の歴史は古く、信長の実弟・織田有楽斎の屋敷があり、
数寄屋橋を多く建てたからとか、外堀に架けた橋の外側に、
数奇屋役人の屋敷があったからとか諸説あります。
また、道路を挟んだ反対側に「関東大震災の碑」もありました。
写真は「数寄屋橋碑」と「関東大震災碑」。その側で静かに咲いていた山茶花。
★ 数寄屋橋 真知子巻した 数寄屋橋 (久)
★ 橋はなく 数奇屋坊主 渡れない (定)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/22