戦艦三笠の公園






次に、横須賀に回りました。
米軍基地があるので、エキゾチックな街並みでも眺めて見ようかと思って行ったのですが、
基地はすぐに見つかったものの、お目当ての街並みはありません。
きっとどこかにあったのでしょうが。
なにしろ思い付きで来たので何の準備もしてありません。
車を降りて海の方向に歩いて行くと公園のようなものが見えたので、行って見ると
軍艦「三笠」が停泊されている記念公園でした。
「三笠」は1904年(明治37年)日露戦争で。東郷元帥率いる連合艦隊の旗艦として戦い
勝利を治め、翌年にはバルチック艦隊を全滅させた輝かしい歴史を誇る軍艦で、
海軍のシンボルとして大正15年から、ここに保存されているそうです。
三笠は立派な軍艦で、古さが感じられないぐらいに良く手入れされているようでした。
しかし、船体からはニョキニョキと銃口が飛び出し、
暗い灰色に塗られた軍艦は不気味でもあり、
今にも戦闘体制には入れるような、怖さを感じました。
抜けるような青空、はしゃぎまわる子供たちの歓声、
それとミスマッチな勝利の軍艦の姿に、いささかわだかまりを・・・・。

ランチは横須賀名物「海軍カレー」を、トライ。
日本人が大好きなカレーライスの発祥地といわれるのが横須賀の海軍だそうです。
お店によって味付けも異なるそうですが、
私が食べたのは甘口で、野菜無し、ハヤシライスに近い赤っぽ色で
シャブシャブした水っぽいカレーでした。
悪くはないけれど、特に美味しいというものでもありませんでした。
でも食べて気が済みました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13