急坂と階段の町


ここA市に移り住んで半年立ちましたが、
まだ家の近所の散策をしたことがありませんでした。
そこで今日は夕食後フラリと思い立って出かけてみましたが
山道は予想以上に急勾配の坂道と階段で音を上げてしまいました。
帰路は少しでもスロープのゆるい道をと思って探しているうちに
薄暗くなって人通りもなくなり、家に帰れるか心細くなりました。
諦めて、止むを得ず目の眩むような長い長い
急勾配の階段を降りていくと、
手すりが途中までしか付いていなかったので、また上まで戻って、
必死な覚悟で急な坂道を体を斜めにして、
ゆっくり1歩ずつ降りて来ました。
ようやく平坦なバス通りまで出られたときは
これで無事に家に帰れると大きく安堵
都会暮らしの経験しかない私には田舎の生活
心していかなければならないと反省です。
A市が「9割が急な坂道で、
平坦部分は1割しかない」という地形が充分に認識できる
怖~い散策でした。
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13