東京湾学の講座 1 小名木川辺り

今日の東京湾学の野外講座は、深川「小名木川」の
川北の隅田川寄り一帯を散策しました。
講師は江戸川大学 準教授高橋克氏。

深川明神
ここは、深川を開発した深川八郎衛門らが
鎮守として天照大神を祭神として建てられました。
境内には七福神の寿老人や和合稲荷が祀られています。

芭蕉記念館と芭蕉庵跡
ここは、芭蕉の門人杉山杉風の所有地であったところで
芭蕉は支援を受けながら、ここから1689年37歳で
奥の細道」へと旅立、俳句の偉大な足跡を残しました。
句碑には「草の戸を 住み替えるぞ代 ひなの家」と刻まれていますが
300年を経てなお人々に共感に共感を与える
芭蕉の力量を改めて感じさせられました。


風情ある景観
この辺りには、多くの史跡の碑や、墨田川を背景に
風情ある景観がたくさん見られる素敵な散策コースです。


臨川寺
ここは、芭蕉が寺の仏頂和尚と交流した寺で、
剃髪して桃青の俳号を受けている寺です。

貴闘力の焼肉店
この界隈には相撲部屋が多いのですが、すぐその辺りに
話題の元貴闘力の焼肉店があって、ミーハー心を刺激されたのですが
営業時間までに間がありそうで諦めました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2017/11/13