内観する?息子


干潟の側に移り住んで半年、毎日野鳥を観察していると
小さなデジカメでは物足りなくなりました。
少し良いカメラを買おうと思って、息子に話すと
お誕生日のお祝いにプレゼントをしてくれることになり
一緒に大型電気店に買いに行きました。
小型のデジカメも、1眼レフも価格的にはさほど変わらないのですが、
重さが違います。1眼レフは私には余りにも重い!
そこで諦めて、ホドホドの重さで、チョッとレンズが良いカメラを選びました。
夕食は、中華料理店でお祝いのご馳走に。
息子とは、離れて住んでいて頻繁に話す機会もありませんが、
会う度に違う世界の話を聴くのが楽しみです。
彼は目下マラソンンに凝っていてプライベートな時間のほとんどを当てています。
春には茨城・霞が浦フルマラソンを完走。
そのために日常的にハーフマラソン、駅伝、陸上競技大会、
山登り、草野球、ゴルフと体育系の活動にいそしんでいて
日毎に精悍になってきています。
評論家の増田明美が「マラソン好きな人は内観するタイプの人が多い」と語っていましたが
彼もそういうタイプなのかもしれません。
 
仕事については多くを語りませんが
経営者としてのストレスもあるのかもと、いささか老婆心も。
 
でも日々の生活を謳歌しているようなので、母親としてこれ以上望むことはありません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13